Next Previous Contents

8. 制限プレイ

単に NetHack に勝利するだけでは満足できない一部のプレイヤーは、プレイに制限を設けることに挑戦している。
これらの挑戦の一部はゲームによって自動的に記録され、ゲーム中いつでも #conduct コマンドで確認できる。
またゲーム終了時にも表示される。
挑戦に反するような行動を取ると、もはやその挑戦は表示されない。
これらの挑戦に勝利することによって、プレイヤーは追加の``自慢する権利''を得られる。
なお、これらの制限に従うことなくゲームに勝利することも完全に有効であり、最初にゲームに勝利するときは普通これらの挑戦は関係ない。

挑戦のいくつかは食べ物に関するものである。
最も困難な挑戦は食料なしの挑戦である。
生物は食料なしでも長い間生存できるが、水は必要である。
従って、飲み物に対しては何の制限もない。例え栄養分があってもである。
神に祈って飢えをしのぐことはいかなる食べ物に関する挑戦にも違反しない。

厳密な菜食主義者は動物から作られた食べ物を食べない。
基本的な栄養源は果物と野菜である。
ブロッブ(`b')、ゼリー(`j')、細菌(`F')も野菜とみなされる。
人間の食料にも動物を使っていないものがある。
レンバス、クラム、「食料」(丸薬)、Kレーション、Cレーションがそうである。
他の生物に変化しているときは、金属などの普通消化できない物質も厳密な菜食主義者用の食料として扱われる。
しかし、これらの物も食料なしの挑戦には反することに注意すること。

菜食主義者は動物を食べない。
しかし、動物からの副生産物を食べることは厳密な菜食主義者ほどは厳しくない。
上記の厳密な菜食主義者が食べられるものに追加して、ブラックプリン以外のプリン(`P')、卵、卵から作られた食べ物(占いクッキーとパンケーキ)、牛乳から造られた食べ物(クリームパイとキャンディーバー)、ロイヤルゼリーを食べることができる。
モンクは菜食主義者とみなされる。

肉を食べることは厳密な菜食主義者、菜食主義者、食料なしの挑戦に反する。
これにはほし肉、上記以外の怪物の死体や缶詰、迷宮で見つかるその他の肉のかたまりを含む。
変化中に「飲み込んで消化」攻撃をかけるのはその怪物の死体を食べたものとみなす。
皮、竜鱗、骨でできた物体を、これらを消化できる怪物に変化して食べたり、マインドフレイヤーに変化して脳を食べることは動物を食べたとみなす。
ただし、蜜蝋は動物の副生成物とみなす。

挑戦に関わらず、消化不可能な物もあり、食べると危険なものもある。
怪物に対して「飲み込んで消化」攻撃をかけることは、その怪物の死体を食べたものとみなす。
「厳格な菜食主義者(``vegan'')」という言葉は食べ物に関する文脈でのみ用いられることに注意してほしい。
動物から作られた物(皮、竜の鱗、骨、角、さんご)を使ったり身につけたりすることは制限に違反しない。
また、「ミルク色の」水薬は不透明な白色ではあるが、牛乳を含んでいるわけではないので、厳密な菜食主義者の制限に違反しない。
スライムモルドやプレイヤーが定義した``fruits''は、例え「さくらんぼ」であろうが「ポークチョップ」であろうが、厳密な菜食主義者の制限に違反しない。

無神論者は宗教を否定する。
つまり、#pray(祈る), #offer(いけにえを捧げる),#turn (不死のものを戻す), 僧侶に対する #chat(話す)ことはできない。
一部の読者はモンクや僧侶でプレイするのもこの制限に反していると主張するかもしれないが、ここではプレイヤーの選択の余地を残してある。
イェンダーの魔除けを神に捧げるのはゲームに勝利するために必要なので制限には反しないものとする。
また、怒った神や僧侶やその他の宗教的存在が話す言葉を聞いても制限には反しない。
真の無神論者は言葉は聞くが,そこになんら特別な意味を見出さない。

ほとんどのプレイヤーは武器(あるいは武器として装備することを考慮している道具)を手に戦う。
挑戦の一つはこのような武器を手にして使わずにゲームに勝利することである。
武器を投げたり、発射したり、蹴ったりするのは許される。
また、杖、呪文、あるいはその他のアイテムを使ったり、素手や脚で戦うことも許される。

NetHack において、平和主義者は他の怪物を殺してはならない(言い換えると、怪物の死によって経験値を得てはならない)。
これは特に難しい挑戦であるが、他の手段によって経験値を得ることは可能である。

文盲者は読み書きができない。これには以下の行為が含まれる。
巻き物を読む、魔法書を読む、占いクッキーのメッセージを読む、Tシャツの文字を読む、巻き物を書く、``x''一文字(文盲者の伝統的なサイン)以外の文字を刻む。
刻んである文字を読むことと、ゲームに勝利するために絶対に必要なアイテムを読むことは制限には反しないものとする。
ゲーム開始時に持っている巻き物と魔法書の内容を知っていることおよび呪文の知識は、ゲーム開始以前に教師から教わったものとみなし、制限には反しないものとする。

その他にいくつか細かい挑戦がある。
怪物は虐殺することが可能である。これをせずにプレイするのも挑戦とみなす。
怪物を虐殺する機会が与えられたとき、``none''(または``なし'')と答えると、虐殺しないままにすることができる。
あなたはアイテムを同じグループの他のアイテムに変化させたり (``polypiling'')、変化の杖・呪文・薬で自分の体を他の生物に変えたり(``polyself'')できる。
これらの効果を用いないことはそれぞれ挑戦とみなす。
最後に、あなたはときどき願いをかなえてもらうことがある。
なんのアイテムも願わずにプレイするのは一つの挑戦であり、聖器を願わない(たとえ直ちに消滅したとしても)でプレイするのも一つの挑戦である。
アイテムを願う機会を与えられたとき、``nothing''または``なし''と答えると、願わないままにすることができる。


Next Previous Contents
NetHack Resources Project SourceForge.jp