トップ > モンスター > @ 人間・エルフ属 > とってもユニークな人たち > イェンダーの魔法使い

Wizard of Yendor '@'

イェンダー破壊光線をはじめ、イェンダー催眠言波、イェンダーパンチ、イェンダーチョップ、イェンダー二段ゲリ、イェンダーフライングニードロップ等の魔力を持ち、他の魔法を打ち消す結界により身を守る。

嘘です。

イェンダーの魔除けに取り憑かれた強大な魔法使いのなれの果て。

  • 英語名からすると『イェンダー』というのはこのモンスターの固有名ではなさそうだ。
    • 分身したりするところから、イェンダーの魔法使いとは複数いる魔法使い集団の総称ではないかとする説もある。
    • 他に地名説(後述)など。

魔法使いの塔の最上階にいて、死者の書片手に待ってます。
死の宣告召喚邪悪なオーラ等のイヤな魔法攻撃が得意技。 特に二重苦による分身は、彼の専売特許。 この魔法のせいもあり、ユニークであるはずなのに1ゲーム上に複数登場したりする。*1
また、たまに自職業のクエストアーティファクトを盗もうとしてくるので油断は禁物。なお、他職業のアーティファクトはそもそも「クエストアーティファクト」とはみなされない(一般のアーティファクトと同じ扱いになる)ため盗まれない。

  • NetHack 3.6.1から他職業のクエストアーティファクトも盗むようになった。魔法防御能力などをそれに頼っている場合は気をつけられたし。

復活

「あたしイェンダー.今ベースキャンプにいるの...」
「あたしイェンダー.今雑貨屋さんの角にいるの...」

「あたしイェンダー.今あなたの部屋の前にいるの」


「あたしイェンダー.今 あなたの後ろにいるの」

声が高く鳴り響いた... 「余を討てしと思いしか,痴れ者が.」

一度倒すと執拗に追ってくる。
死体缶詰に詰めようが祭壇捧げようが、数階走破する程度の時間が経ったら(死体からでなくあなたの隣に)復活してくる。しかも復活するたびに強くなって戻ってくる。
アンデッドトロルの上を行く凶悪さである。

  • バージョンでは、分岐階にて麻痺石化で足止めして放置していけばそれ以上追ってこないという技もあったが、現在のバージョンでは通用しない。

このため、一度倒してしまったら、ぐずぐずしていられない。 最下層の震動する場所をあらかじめ探しておいてから倒し、 レベルテレポートで最下層にすぐに戻るのが正しい攻略法。

実は彼は親切だ。土のレベルにわざわざ穴掘りの杖穴掘りの魔法書を持ってきてくれる。もちろん憎くも愛しきさんにお別れを言いに来たのではなく、天上界にたどり着くまできっちり復活します。*2

よもやま話

Yendorの謎

謎めいた単語"Yendor"。 Rodneyの逆さ綴であることはすぐに想像がつくが、肝心のRodney自体、誰か判らない(少なくとも開発者の中にはいないようだ)。*3

ttp://www.webster-dictionary.org/definition/Wizard of Yendor で紹介されている語源は旧約聖書サムエル記に登場する Witch of Endor*4 のパロディというもの。 このEndorが地名ということから、Yendor=地名説に信憑性を与えている。

ただ、"Yendor"の初出であるRogueではWizardは出てこないので、 語呂合わせとしては弱い、という見方も出来る。

関連リンク


*1 でもって、この魔法のせいで死の杖でハエか何かのようにたたき落とされるため、ラスボスの一角のくせに威厳がじつに薄い。
*2 さりげなく飛行できるので風のレベルでもへっちゃら。
*3 freenode/#nethackに、Rodneyというボットがいる。
*4 エンドルの口寄せ女。タリスマンを持っており、死者を呼び出したとのこと。ttp://www.webster-dictionary.org/definition/Witch of Endor

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-02 (日) 18:33:47 (236d)