トップ > 職業 > (野蛮人) > 祭式 > ハイボリア時代 > ミトラ

Mitra

イシュタールの神殿の華麗な装飾に比べると、無装飾ともいえる簡素な作りで、ミトラ神信仰の特徴である質実な威厳と美を示していた。 ... 生贄の血を流した痕もない透明な緑硬石の祭壇のうしろ、台座の上に、神性を表す像が据えてあった。 ... これこそは最高の芸術形式――因襲に捉われた象徴的手法に妨げられぬ高度の審美意識を持つ種族にして初めて可能な、自由豁達な芸術的表現である。

黒い怪獣(コナンと荒鷲の道 に収録)

ロバート・E・ハワード/宇野 利泰 訳,創元推理文庫

バビロニアの神。
シルクロードを旅するうちにマイトレーヤ(弥勒菩薩)と融合して日本に伝播したり、融合せずに渡来して妙見様と呼ばれたりしている。
中国の国号「明」とは、このマイトレーヤの仏国土を意味する国号であるらしい。

R. E. ハワードによる設定(ハイボリア時代)ではハイボリア諸国民の多くが信仰する神として頻出する。


NetHackでは野蛮人秩序の神を担当する。

ハイボリア時代
クロム
セト

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-14 (土) 12:32:11 (4449d)