トップ > アイテム > 道具 > 缶詰作成道具

tinning kit '('

モンスターの死体から自家製のを作ることが出来るという、よくよく考えてみるとロクでもない道具である。

  • だが常日頃からヒューマノイドの死体を何の躊躇いもなく生のまま食ってるさんがそういった感覚を持ち合わせているかどうかは、きわめて疑問のあるところだが。

なぜかしら考古学者の標準装備品である。標本作成道具に見立てているのか、探検家の必須アイテムという位置づけなのか。
通常での出現率自体はさほど高くないが、魔法の道具ではないためポリパイルで比較的ラクに手に入る。

缶の作成について †

缶詰作成道具を[a]pplyすると、どの死体を加工するか聞かれる。
インベントリ内の死体のほか、足下の死体を指定する事もできる。

缶詰作成道具自体の祝呪状態が作成した缶に反映される。 *1
の項目にも記述があるが、祝福された缶は缶切り道具が無くとも 1ターンで開けることができるため、使用する際はぜひ祝福してから使用したい。

詳細は次項に譲るが、出来上がる缶の特性を熟知していれば、死体から耐性や能力を得る際の助けになる。

また、食べるためではなく邪魔な死体を片付けるのに使うこともできる。
別名トロルキラーどっかのトロル殺しなんかよりよっぽど有用。

このような特性のため、とくに中盤戦で威力を発揮するだろう。

作成した缶について †

作成した缶の中身は栄養価が低く、たくさん食べないとお腹いっぱいにならない。 栄養摂取の面では効率が悪い。
逆に言うと、食べ甲斐のありすぎる死体(巨人とかドラゴンとか)を複数食べる時には、食べ過ぎによる窒息死の危険を減らす事が出来る。

今は食べなくても後々食べるために残しておきたいモンスターの死体を保存する事もできる。 天狗とかさまよう目とか。
ただしレイスは栄養価がないためか缶詰にできない。ちょっと残念。

なお缶にすると、有なものや腐ったものでも比較的安全に食べられる。
耐性目当てにこれらも缶詰にするのもいいだろう。味の保障はできないが。

よもやま話 †

バージョンにおける話 †

昔のバージョンでは使用回数は無限だったのだが、 缶の容器が無限にあるのはおかしいということか、今では有限になった。

関連リンク †


*1 おそらく、内蔵している缶の容器の祝呪状態に左右されるからだと思われる。*2
*2 「祝福された缶詰」作成道具とか、「呪われた缶詰」作成道具という解釈でも面白いかも。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-11 (日) 18:46:50 (5260d)