トップ > 職業 > () > 祭式 > 日本神話 > 須佐之男

Susanowo

スサノオ。 三貴子の一人で、天照大神の弟に当たる。 始めは海を治めていたが、母が居ない悲しみに暮れていたため追放されてしまった。

相当な暴れん坊で、海を追放されて、 の治めている高天原に滞在しているときに 散々暴れ回ったため、ドメスティックバイオレンスを恐れた 散々暴れ回り、最後には配下の機織娘が事故死してしまい、怒った 姉が天岩戸に引きこもってしまったというエピソードを持つ。

また、八俣の大蛇を退治し、その尾から天叢雲剣(アメノムラクモ、のちの草薙の剣)を 見つけたのも彼。 大蛇を退治したあとで須賀の地に宮殿を建て、 そのときに歌を詠んだため和歌の祖とも言われている。

NetHackではを選択したときの混沌の神。

関連リンク †


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-26 (土) 11:30:34 (5668d)