Martial arts

> あなたには功夫が足りないわ!
>> ゲーム『バーチャファイター』
>>> パイ・チェンの勝ち台詞より

マーシャルアーツとは武術、特に空手、テコンドー、クンフー、ムエタイなど東洋発祥のキックを主体とした統合格闘術のことを指す。~
[[武闘家]]と[[侍]]のみがこのスキルを持っている。ちなみに[[武闘家]]はグランドマスターまで、[[侍]]はマスターまで習得できる。((かつては侍もグランドマスターになれたのだが、武闘家の登場で引き下げられた。((まあ、侍までグランドマスターになっては、マーシャルアーツしか取り得のない武闘家の立つ瀬がないということだろう。((しかしマスターとグランドマスターの差など所詮は誤差の範囲であり、どっちにしろ立つ瀬が……。))))))~

もともとは[[僧侶]]もこのスキルを持っていたのだが、徒手空拳に特化した[[武闘家]]の登場によって[[僧侶]]は魔法に特化させられた形となり、その結果[[僧侶]]からマーシャルアーツのスキルは剥奪されてしまった、というわけだ。

ゲーム中では基本的には[[素手]]と同じだが、

-素手と比べて素ダメージが高い(素手d2に対しマーシャルアーツd4)。
-素手と比べて[[スキル]]による命中率・ダメージのボーナスが高い。
-[[蹴り>蹴る]]でも[[スキル]]によるボーナスが適用される。その際、相手を1マス吹き飛ばすことがある("○○は強打されよろめいた")。
-空振りしても筋肉を痛めることがない(足を怪我した状態にならず、[[素早さ]]も[[酷使]]されずに済む)。

という特徴がある。

熱き血潮を滾らせている[[武闘家]]の皆さんのほかにも、[[蹴り挙げ靴]]や[[器用さの小手]](!)を持っているあなたや、[[なぎなた]]や[[和弓]]で遠隔攻撃を楽しんでいるあなた、無性に[[モールド類>モンスター(A〜N)#Fungi]]を動かしたくてしょうがないあなたは活用してみてはどうだろうか。

ちなみにこのスキル、内部的には素手スキルと管理用のデータ(スキルレベル、使用回数など)を共有している。~
つまり、侍や武闘家以外の職業で素手スキルを上昇させてからマーシャルアーツフラグをオンにする(すなわち蹴り挙げ靴を装備する)と、素手スキルと同レベルのマーシャルアーツスキルがあるとみなされるようになる。

* 関連リンク [#f87a43a9]

- google images~
[[GoogleImage:martial arts]]

- Wikihackの記事~
[[WikiHack:Martial arts]]

- Wikipedia(日本語版)の記事~
[[WikiPedia.ja:格闘技]]~
[[WikiPedia.ja:マーシャルアーツ]]

- Wikipedia(英語版)の記事~
[[WikiPedia.en:Martial arts]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS