Next Previous Contents

5. 部屋と通路

洞窟内の部屋や通路は明りがついていることもあるし、ついていないこともある。
明りのついている部分で自分の視野に入る部分は画面に表示される。
暗いところでは周囲 1 つ分の空間だけが見える。
壁や通路は画面に表示されたままになる。

隠し通路は表示されない。これらは `s'(search: 探す) コマンドで発見することができる。

5.1 出入口

出入口は部屋と通路を接続するものである。出入口の中には扉のないものがある。
このときにはそのまま通り抜けることができる。その他の出入口には扉があるが、その扉は開いているか、閉じているか、錠がかかっているかのいずれかである。
閉じている扉を開けるには `o'(open: 扉を開ける) コマンドを用いる。再び扉を閉じるには `c'(close: 扉を閉じる) コマンドを用いる。

扉に錠がかかっているときは `a'(apply: 道具を用いる) コマンドで錠をはずす道具を使うか、`^D'(kick: 蹴る) コマンドで扉を蹴破ることで通ることができる。

開いた扉に斜めから入ることはできない。水平あるいは垂直方向から真っ直ぐに近付かなければならない。扉のない出入口にはこのような制限はない。

扉は怪物を締め出すのに役に立つ。たいていの怪物は扉を開けることができない。
けれどもいくつかの怪物にとっては扉を開ける必要などない(例: 亡霊は扉を通り抜けることができる)。

隠し扉は表示されない。これらは `s'(search: 探す) コマンドで発見することができる。一度発見すると普通の扉と同様になる。

5.2 罠 (`^')

そそっかしい冒険者を陥れようとする罠が洞窟のあちこちにある。
例えば落し穴に落ちると上り出るのに数ターンの間その場から動けなくなるであろう。
そこに誰かが足を踏み入れて引っかかるか、`s'(search: 探す) コマンドで見つけるかして初めて罠は表示される。
怪物も罠の餌食になることがある。これは非常に有効な防御戦術である。

古典的コンピュータゲームである「倉庫番」を基にした特別なダンジョンへの分かれ道も存在する。
このダンジョンでの目的は大岩を落し穴に入れることである。
慎重に先読みすれば、全ての階は倉庫番の伝統のルールでクリアできる。
行き詰まってしまった冒険者のためにいくつかの助け舟が用意されているが、これらは運を低下させてしまう。

5.3 階段 (`<', `>')

一般的に洞窟の各階には、前の階への上り階段('<')と、次の階への下り階段('>')がひとつずつある。しかし、例外もある。
例えば、洞窟の比較的浅い階であなたは二つの下り階段がある階を発見するだろう。
ひとつは洞窟の続きであり、もうひとつはノームの坑道として知られる地帯に続いている。
この坑道は最後には行き止まりになっていて、ここを探検した(あなたがそうすることを選択した場合)後、元の洞窟にまで戻って来る必要がある。

階段を使うか、あるいは他の階に移動する罠に引っ掛かった場合、いままでいた階は非活性化されて、ディスク上のファイルに貯えられる。
昔訪れた階に再び訪れた場合、ディスク上のファイルが読み込まれて再活性化される。
初めて訪れる階に移動した場合、その階は(ほとんどの階は一から、「特別な」階はテンプレートから、「骨の」階(後述)の場合はファイルから読み込んで)新たに作成される。
怪物は現在の階にいるものだけが行動する。
他の階にいるものは止まっている。

普通、あなたが階段を使うと、あなたは目的地で対応する階段の上に現れる。
しかし、ペット(後述)といくつかの怪物はあなたが階段を上り降りした時についてきて、時々それらの一体があなたと入れ替わることがある。
こうなった場合、ペットやその他の怪物が階段の上に現れ、あなたはそのそばに現れる。

5.4 はしご (`<', `>')

はしごは階段と同じ役目であり、階を繋ぐこの二つの種類はゲーム中ほとんど区別ができない。

5.5 店と買い物

Occasionally you will run across a room with a shopkeeper near the door and many items lying on the floor. You can buy items by picking them up and then using the `p' command. You can inquire about the price of an item prior to picking it up by using the ``#chat'' command while standing on it. Using an item prior to paying for it will incur a charge, and the shopkeeper won't allow you to leave the shop until you have paid any debt you owe.

You can sell items to a shopkeeper by dropping them to the floor while inside a shop. You will either be offered an amount of gold and asked whether you're willing to sell, or you'll be told that the shopkeeper isn't interested (generally, your item needs to be compatible with the type of merchandise carried by the shop).

If you drop something in a shop by accident, the shopkeeper will usually claim ownership without offering any compensation. You'll have to buy it back if you want to reclaim it.

Shopkeepers sometimes run out of money. When that happens, you'll be offered credit instead of gold when you try to sell something. Credit can be used to pay for purchases, but it is only good in the shop where it was obtained; other shopkeepers won't honor it. (If you happen to find a "credit card" in the dungeon, don't bother trying to use it in shops; shopkeepers will not accept it.)

The `$' command, which reports the amount of gold you are carrying (in inventory, not inside bags or boxes), will also show current shop debt or credit, if any. The `Iu' command lists unpaid items (those which still belong to the shop) if you are carrying any. The `Ix' command shows an inventory-like display of any unpaid items which have been used up, along with other shop fees, if any.

店の特殊な性質

店のいくつかの性質は意外なものかもしれない。

  1. アイテムの値段は色々な要素によって様々に変化する。
  2. 店主はドアの一つ内側の場所は店の外として扱う。
  3. 店主はあなたを鷹のように注意深く見張っているが、
  4. 一般的にその他の消費者については無視する。
  5. If a shop is "closed for inventory", it will not open of its own accord.
  6. 店は例え品物が枯渇しても新しいアイテムが入荷することはない。


Next Previous Contents
NetHack Resources Project SourceForge.jp