トップ > アイテム > 武器 > つるはし
トップ > 道具 > 武器 > つるはし

pick-axe '('

不確定名:-
種別  :道具
スキル :つるはし
材質  :鉄
重量  :100
標準価格:50
命中率 :対ゾーン・土の精 +2
ダメージ:小型d6 / 大型d3

つるはし。ドワーフのつるはしでもなく、どこにでもあるつるはし。鉱夫や土木屋のシンボル。
鶴の嘴(はし=くちばし)に似ていることからこう呼ばれる。

  • 片手用なので、どちらかというと地質学者がサンプル採取に使う小型のハンマーみたいなもの(ピック)の方が近いか。英語版の名前もpick-axeだし。
    • それにしては重すぎる気もするけど……。

このゲームでは、考古学者が初期装備として持っている。

主に採掘に携わるドワーフや、エルフの王が持っている。 ノームの鉱山へ行けばまず入手できるだろう。

使用上の注意 †

通常攻撃のほかに、道具として使う([a]pply)事ができる。
このとき自動的に装備してしまうため、事前に呪われていない事を確認しておこう。

また、主装備にしていない状態で[a]pplyすると、それまで装備していた武器を外して持ち替える(副武器に装備していたなら入れ替える)。 掘削中にも怪物に襲われる可能性を考えると、主力武器を外したまま掘削するのは多少不安かもしれない。
一方、ターンの消費無しに主武器と入れ替えて掘削できるという利点もある。 [x]キーによる武器切り替えを有効利用しよう。

使用方法 †

使用回数は無限。だが結構重い。

どの方向を掘る?

迷宮を掘削 †

壁や岩盤を掘削して通路を作ったり、風通しや見晴らしを良くしたり。
ただし一部の特殊レベルの壁や床、階段などを掘ることはできない。

魔法のメモリー倉庫を荒らしたり、ゲヘナで上り階段から下り階段への最短コースを掘削したり、最終試練で岩の壁を掘ったりなどなど…。
まぁ何だかんだ言って、いろんな所でお世話になる。

もちろん床に向けて(方向指定の時">"と押す)掘ることもできる。 まず落し穴ができ、さらに掘ると抜け穴になる。

物品を掘削 †

指定方向に彫像があるなら打ち壊すことができる。
大量のが手に入るだろう。

設備を掘削 †

  • 流し台に向けて使うとになる。
  • に向けて使うと干上がり、水が飛び散ってそこかしこに水たまりができる。 その際、水たまりの場所にあったアイテムやペットは沈んでしまう。
  • 足元のに向けて使うと落し穴になる。 これをで埋めるとあらゆる罠を解除できる。

怪物を掘削 †

大地の怪物であるゾーン土の精に命中率で+2のボーナスが付く。

但し威力はこん棒並なので期待しないほうがよい。
主力武器も兼ねたいのなら、格段に威力の大きいドワーフのつるはしを薦める。*1

[a]pplyの際に指定方向に怪物がいると、その怪物を叩く(攻撃する)事になる。 先述の通り、[a]pplyの場合には切り替えにターンを消費しないので、スイッチング戦法が楽に行える。

考古学者にとっては商売道具でもあるので、鍛錬すべきかを現実的な問題として捉えておくべきだろう。

その他 †

道具の中では珍しい製の武器なので、錆びない特性をつけられる。
この特性を付けた後ポリパイルすると燃えないなどを作ることができる。

あ、そうそう、これを持ってに入ることは出来ない*2からそのつもりで。 もし強引に投げ入れたら、店主はすばらしいセーブ能力を以てあなたを迎えてくれるだろう。

関連リンク †


*1 ただしドワーフのつるはしは両手持ちなので、と併せ持つことはできない。
*2 などに入れてあれば咎められない。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-18 (水) 19:25:18 (4826d)