トップ > アイテム > 道具 > 高価なカメラ

expensive camera '('

フラッシュつきの高価なカメラ。別に安価なカメラがあるわけではない。
敵に対して使うとフラッシュで目くらましに使える。

一般的なカメラのフラッシュの有効到達距離は普通せいぜい5m前後だが、こいつの場合は光がどこまでも直線で飛んでいき、そして相手との距離にかかわらず光を見たものをほぼ確実に(一人だけを)盲目にしてしまうという驚異のズーム性能を持つ。光画部製か!

現在は回数制限がついているが、初期装備として持っている観光客は回数を気にしている場合ではないはずである。

当然のことながら精密機械であるため、取り扱いには十分注意すること。蹴っ飛ばすなんてもっての他!*1
ちなみに敵に投げつけても特別なメッセージが表示される。

序盤のさまよう目対策としては極めて有効であるため、見かけたら欠かさず拾っておきたい。

よもやま話

バージョンにおける話

  • 上記の通り、バージョン3.4以降は回数制限がついたものの、杖などと異なり爆発等を気にせず何度でも充填できる。
  • どうやらカメラの中では「お絵描きの悪魔」が働いているらしい。3.6にて、壊した際にたまに中からiとかiが飛び出してくるようになった。
    あれ?精密機械?

    それまでは気づかなかった箱の扉が、リンスウインドの目の前で開き、緑色の、ひどく醜い疣だらけの小人が、身を乗り出した。かぎ爪のついた手に持った絵の具だらけのパレットを指さすと、金切り声で叫ぶ。
    「ピンクがないんだ! わかったか? ... ピンクがいるなら、あそこで若いご婦人方の絵ばっかり撮ったりするなよな、え、そうだろ? これから先は白黒だぞ、いいな?」

    ディスクワールド騒動記1

    テリー・プラチェット/安田 均、角川文庫

関連リンク


*1 その割には防水仕様だが

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-09 (月) 18:21:47 (256d)