#name

アイテムや、アイテムの種類に名前を付けるコマンド
地味ではあるが、冒険を効率的に進めるにあたって大いに役立つコマンドである。

(J)NetHack 3.6.0においては、(C)allコマンドと#nameコマンドの統合が行われ、両者ともに下記のようなメニューが表示される。

どれに名前をつけますか?

m - 怪物
i - 持ち物の中の一つのアイテム
o - 持ち物の中の一つのアイテムの種類
f - 床の上にある一つのアイテムの種類
d - 発見物一覧にある一つのアイテムの種類
a - 現在の階に対するメモの記録
(また、メニューには明示されていないがy/nを押すことで従来の#name → y/nと同じ操作になる。)

それぞれ下記のような操作となっている。

  • m …… 怪物に名前をつける。3.4.3までの(C)allコマンドと同じ。
  • i …… アイテムの命名。3.4.3までの#name → y と同じ。
  • o …… アイテムの分類。3.4.3までの#name → n と同じ。
  • f …… 指定した箇所の床に落ちているアイテム(スタックしている場合は一番上)のアイテムに関して、アイテムの分類。
  • d …… 今までに発見された物の一覧(\で表示されるもの)から指定して、アイテムの分類。
  • a …… #annotateコマンドと同じ効果。

C → f コマンドにより、それまでは重しを蹴って判別したとしてもすぐには名付けられず苦い思いをしていたのが解消されている。

アイテムの分類 †

o - 持ち物の中の一つのアイテムの種類 を選ぶと、こちらになる。
ランダムな、あるいは複数アイテムで共通な未識別名が割り振られるアイテム*1について、識別してはいないが、メッセージ等様々なふるまいによってアイテムの正体の見当がついた場合はこちらの方を使うとよいだろう。
そうすると、同種のアイテムは以降「○○と呼ばれる△△(△△ called ○○)」のように表記されるため、いちいちプレイヤー自身が覚えていなくてもよくなる。
識別された後は分類名は普通は表示されないが、'\'コマンドによる「発見物一覧」にはそのまま掲載される。

見当のつけ方については攻略情報コラム/アイテム判別方法に譲る。

なお、食物についてはこの操作は行えない。

アイテムへの命名 †

i - 持ち物の中の一つのアイテム を選ぶと、こちらになる。
前項とは違い、アイテムに固有の名前を付ける行為であるため、他の同種のアイテムには伝播しない。
アイテムは、以降「○○と名づけられた△△(△△ named ○○)」の表記になる。△△の部分は未識別名、あるいは#nameによる分類名である。

通常、複数個をまとめる事ができるアイテムであっても、違う名前のアイテムはまとめる事ができない。ポリパイル等で個数を稼ぎたい場合は、適当にa, b, c, ...等名付けると1個ずつにバラすことができる。
ただ、名前ありのアイテムを持った状態で名前なしの同じアイテムを拾うと、名前なしの方が名前ありの方にまとまってしまうので注意。

なお、変化させてしまうと、名前は失われる。脳吸い攻撃によっては失われない。

アーティファクトと命名の関係 †

アーティファクトにはそれぞれ銘が存在し、プレイヤーはこれを変更する事はできない。
いざ命名しようとしても、「聖器は名づけを拒否しているようだ.」と言われるだけだ。
また、アイテムに、それと素アイテムを同じくするアーティファクトと同じ名前を付けることはできない。*2
但しスティング等、名付けによって得ることが出来るアーティファクトも一部存在する。

(旧バージョン)命名コマンドによるアイテムの判別 †

3.4.3までは、これを利用して、特定種類のアイテムを判別することも一応は可能だった。
だが、Vanillaにおいては「聖なる冠(mitre of holiness)」と名付けて知性の兜を、「アーリマンの心臓(heart of ahriman)」と名付けて幸せの石を判別すること程度しかできない。
SLASH'EM等、アーティファクトが増強されたヴァリアントにおいてはもっと役に立つことだろう。

  • エチオピアの目(eye of the aethiopica)」で遠視の魔除けも判別できるが、遠視の魔除けの判別は祝呪判別さえできていれば容易である。スペルミスもしやすいし
  • たまにマイナスアイテム(安眠の魔除け等)が呪われていない状態で作成されたりもする他、性転換の魔除けのように即発動してしまうものもあり、その意味では安全な判別手段として利用価値があると言える。
  • イェンダーの魔除けを偽物と判別するため命名するのも、バージョン/3.6で無効になっている。(名前がつかない)

名前を取り消す †

名付けの際に半角スペースを指定すると、名付けは解除される。
また、記憶喪失に陥った場合も名前が失われる事がある。

関連リンク †


*1 巻物宝石、道具類ではランプ楽器などが代表例だろうか。
*2 別種のアイテムなら可能(「mjollnirと名付けられた長剣」など)。意味はあまりないが…

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-12 (日) 11:23:05 (113d)